熊本市東区の不動産|株式会社しとうホームズ > 株式会社しとうホームズのスタッフブログ記事一覧 > IT重説

IT重説

≪ 前へ|ラグビーとの出会い   記事一覧   新型コロナウイルスワクチン 予防接種受けてきました|次へ ≫

IT重説

カテゴリ:売買

不動産 IT重要事項説明とは?



IT重説の準備

IT重説準備中の様子です。



このブログは熊本市東区にある不動産会社「しとうホームズ」が不動産に関するお役立ち情報や日々の出来事を書き綴るブログです。


国土交通省 IT重説のマニュアル ガイドライン

国土交通省 IT重説のマニュアル及びガイドラインです。


不動産の賃貸借契約、売買契約において、契約締結するより前までに宅地建物取引士が当事者に契約上重要な事項を説明することをいいます。これまでは対面による説明及び、重要事項説明書の書面の交付が必要でした。

平成29年10月より賃貸取引においてはIT重説が認められて開始されました。
売買取引については、今年の令和3年4月からの本格運用が開始されたばっかりです。

IT重説の準備の様子

通信環境をスマホをつかって確認

IT重説の要件は、
①双方向でのやり取りできるIT環境においての実施
②重要事項説明書等の事前送付
③説明の開始前に相手方の重要事項説明書等の準備とIT環境の確認
④宅地建物取引士証を相手方が視認できたことの画面上での確認

IT重説のメリット
①遠方のお客様に移動等の負担をかけずに重説を実施できる。
②重説実施の日程調整の幅が広がる。
③お客様がリラックスして説明が受けられる。
④契約者本人が来店が難しい場合でも直接説明ができる。

IT重説のデメリット
①通信環境の悪化による中断、中止で説明が完了できない場合が出てくる。
②端末や画面の大きさや解像度が一定の水準が必要となり通信費がかかること。
③不動産会社によっては対応してない業者があること、説明資料等のこれまで以上の工夫が必要になること。

コロナ禍の中、不動産のIT重説は不動産業者とお客様が要件を満たし、より分かりやすく工夫すれば、デメリットよりもメリットが多く対面と変わらない説明ができ、お客様も大変助かる仕組みだと思います。

しとうホームズでは、より分かりやすくIT重説の対応ができるよう努めます。ご希望がございましたら是非、ご相談ください。
「不動産でみんなを笑顔に❣」コロナ禍が早く落ち着くことを切に願います。
≪ 前へ|ラグビーとの出会い   記事一覧   新型コロナウイルスワクチン 予防接種受けてきました|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • オーナー様へ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社しとうホームズ
    • 〒862-0942
    • 熊本県熊本市東区江津1丁目15-6
    • TEL/096-288-1020
    • FAX/096-288-1030
    • 熊本県知事 (1) 第5495号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2021-07-28
    江津1丁目棟割り一戸建て(西側)の情報を更新しました。
    2021-07-24
    熊本市西区中島町の情報を更新しました。
    2021-07-24
    甲佐町芝原分譲地の情報を更新しました。
    2021-07-19
    リバーシティAの情報を更新しました。
    2021-07-19
    アバンティ・コートの情報を更新しました。
    2021-07-19
    クランベリーコートの情報を更新しました。
    2021-07-19
    ネオ レジデンス八王寺の情報を更新しました。
    2021-07-18
    宇土市走潟町分譲地の情報を更新しました。
    2021-07-18
    健軍4丁目売り土地の情報を更新しました。
    2021-07-18
    熊本市東区健軍4丁目新築戸建ての情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

紫藤信一郎 最新記事



紫藤信一郎

「不動産でみんなを笑顔に❣」をミッションとして、熊本の不動産で、元気を皆さんに熱くお届けします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る